Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

スターのナゾが解けない・・・

1つ記事を追加することで次ページに移った記事は,普通になった! www.phi-math.com どうやら,問題のある記事はコレのようだ. ↓ www.phi-math.com ↑ ここのリンクのところには,スターが表示されているのに・・・ これ以外の記事は,記事のページに行けば…

スターが表示されない・・・

トップページにある記事だけ,スターが表示されなくなりました. ナゾ・・・ 1つ記事を増やしたら,次の1つの記事が次ページに. それには表示されるのか? よし,実験!

縄文勾玉 on 埴輪残欠 埴輪と土偶の違い,ご存知ですか?

埴輪と土偶. 日本の古代の土で作られた人形. 区別が付いていない人も,けっこう居ます. 2つの違いを簡単に説明できると,博物館でヒーローになれます(笑) みなさん,ヒーローになりましょう. 土偶 稲作が始まる弥生時代(過去記事では,「縄文勾玉 on…

最後のセンター試験では,新しいテストの萌芽がたくさん・・・ 例えば,数学IAの確率

もしよければ,⓪だけでも,正しい記述かどうか,考えてみてください. これまでのセンター試験では,ほとんどが定量的な問題です. 計算で答えを求めるタイプ. 新しいテスト(大学入学共通テスト)では,定性的な問題がかなり増える見込みです. 情報や性質…

算数とも詰将棋的とも思える数学の問題 @19神戸大学

1,3,4,1,3,4,1,3,4,・・・ というふうに1,3,4が繰り返し並んでいます.これを前から順に足していきます. n個足したものをS(n)と表します.つまり, S(1)=1,S(2)=1+3=4,S(3)=1+3+4=8,・・・ です. (1) S(n)=2019となるようなnは存在しません.その理由…

好きなものが好きなことには,何かの理由がある

どうしても,好きなものって,ありますか? 私は,「数学」と「古美術」です. 今回は古美術のルーツについて. 特に出土品が好きなのですが,その理由として考えられることが2つあります. 小学生のころ,夏休みはよく山に入っていました. ある場所で縄文…

古い鉄の味わい 日本刀の茎

短刀の茎(柄の中に収まっている部分)です. 700年ほどの時を経過して,このような黒錆が覆ってくれるのですね. 100年とか200年とか,それくらいでは,まだまだピカピカに光っているものもあります. 拵(こしらえ・外装のこと)を作り替えるときには,目…

数学の問題を解いているときの,頭の中 19信州大②

www.phi-math.com 必要な知識が多い問題で,しかも,判断を迷わせる要素があるので,入試当日の受験生はかなり頭を悩まされたのではないかと思います. ちゃんと解かずに,解答だけを見ると「標準問題」と仕分けされますけど・・・

縄文勾玉 on 弥生土器

すごく良い感じで写真が撮れました! 縄文土器は,焦げ茶,ベージュ,黒という感じで,クッキーのような質感ですけど,弥生土器は赤っぽい感じや白っぽいものが多いです. 縄文土器はマジカルな模様が施され,漆で加飾されたものがありますが,弥生土器は呪…

数学の問題を解いているときの,頭の中 19信州大①

数学の問題を解くときは,色んな想像力を働かせて,「問題文がこうなっているから,こういうストーリーなのかな?」などと推定しつつ,当たったり,外れたり,試行錯誤して解決の道筋を探し出します. 専門用語が多いですが,雰囲気だけでも感じてもらえたら…

人工知能の推定が当たるかどうか,これを統計で処理しても面白いかも

www.phi-math.com ここで紹介した自作の人工知能・・・ 怖いくらいの高精度で予測してくれました. 日を追うごとに精度が増して,怖いくらいです. 神を作ってしまったのではないか(笑) というのは冗談で,確率的にレアな出来事が起こっているだけだろうと…

獣面が見えにくい・・・ 線をトレースしてみた

www.phi-math.com フォトショで写真を加工. イラレで線をトレース. こんな目が鍔(つば)の部分に見えませんか? 2千年前の人が頑張って引っ掻いて描いた「獣の目」です.

京大の数学は,易しい難問.どういう意味でしょう??

いつも煩雑な数学の解説をやっております. マス・ハラのような記事になってしまい,申し訳なく・・・ 知識がないと立ち向かうことができないのが,ふつうの大学入試数学です. 今回は,思い切って 京都大学 の問題をやってみようと思います.「そんな難しい…

漢(古代中国)と言えば,獣面ですね.刀の鍔(つば)にも描かれています!

緑釉の焼き物の壺にも,青銅鍍金の金属製の壺にも,獣面というものが付いています. 獣のような造形で,輪っかを咥えています. ルーツは,殷の時代の饕餮(とうてつ)です. 私は,個人的に,これらはすべて龍と同じじゃないか,と思っています. その獣面…

私,諦めが悪いんです.失敗した方法を改善するのも,数学を通じて学ぶことです.

先日は,無理やり積分の漸化式に帰着させて,見事に撃沈しました(笑) www.phi-math.com 超ユルい評価で良いはずなのに,それでも不等式の作り方が甘過ぎたという・・・ 今回は少し本気を出して行きます! “100”ではかなりガバガバな評価であることが残念で…