Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

2019-12-15から1日間の記事一覧

2000年前の漆③

朱で描かれたグルグル. “氣”でしょうか. それとも,植物モチーフか. 当時の工人が一筆一筆,描いたものでしょう. とても精緻. これが側面全体に施されています. 何だか分からないですが,見ているだけでゾクゾクします.

埴輪の作り方

帯の部分が一部剥落しています. その剥がれた下にも線が描かれているのが見えます. これって,何なんでしょう? 粘土を積み上げて形を作るときに,そのままでは凹凸だらけです. だから,内外の表面を滑らかにします. そこで使うのが,板状の工具だそうで…

お気に入り♡ー④

聖なるフンコロガシ(笑) 背景を変えて,光を当てたら,神々しくなりました. ガラス質(ファイアンス)の胴体 素焼きに加彩の両翼 手に取った感じも,翼と胴体では全然違います. やっぱり,実際に手に取ってみないと,モノの本質は分からない!! 気に入…

角の二等分線の長さ①