Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

京大の数学

2020年・京都大学の数学・文系・第2問 ~選択肢を列挙する力~

******** この問題,ちゃんと意味が分かれば,条件の整理は簡単にできます.「ちょっと計算したら終わり!」と思ってしまいがちですが・・・そう甘くはなかった.京大だから,計算量は不要だろうと高をくくっていた人は,慌ててしまったかも.4つの…

2020年・京都大学の数学・理系・第1問

京都大学の数学シリーズです.今回は,理系の第1問.難化したと言われる2020年の京大数学.どんな問題なのでしょうね?この問題は,全体の中では,解法判断に迷う要素は少ないので,解きやすい方です.とはいっても,難化した京大の理系数学の中で,ですが…

2020年・京都大学の数学・理系・第2問 ~学びの多い問題

京大数学の解説をやっています. これは,京大理学部合格した生徒が「この問題は先生に教わったおかげで解けたよ」と言ってくれた問題. 一般的には難しいとされる問題ですが,京大らしく,想像力を働かせて正しく判断すれば,スッと道が見えてくるものです…

2020年・京都大学の数学・文系・第1問 ~絶対値の認知について~

文系の問題で,これは基本概念の組み合わせで解けるものでした. けれど,そこは京大,あやふやなところがあると,もちろん,お手上げになります. 京大の問題にチャレンジするには,初めて見る数学的対象であっても,しっかりと意味をくみ取れるようにした…

2020年・京都大学の数学・理系・第5問&文系・第5問 ~数学への取り組み方へ~

以前に「京大の数学は易しい難問」という記事を書きました. www.phi-math.com ですが,今年は,いつもと雰囲気が違って,「手数が多いもの」が散見されました. 過去問ばっかりやっている人は報われなかったのではないかと思います. 医学部医学科に合格し…

京大の数学は,易しい難問.どういう意味でしょう??

いつも煩雑な数学の解説をやっております. マス・ハラのような記事になってしまい,申し訳なく・・・ 知識がないと立ち向かうことができないのが,ふつうの大学入試数学です. 今回は,思い切って 京都大学 の問題をやってみようと思います.「そんな難しい…