Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

古代寺院の柱根?

買わずにはいられなかった、ナゾの木製品。

 

f:id:phi_math:20191116213514j:plainf:id:phi_math:20191116213520j:plainf:id:phi_math:20191116213541j:plain

 

「古い時代に火災にあった古代寺社の跡から出た」との伝承があるらしい。

確かに、焦げた部分はある。

 

柱の一番下の部分と思われるが・・・

上半は八角形に面取りされていて、内側はえぐられている。ここに八角形の柱を入れたのだろうか??

訳は分からないが、ただただ美しい。

 

天平時代(*)の古木材ではないかと思われるが・・・さっぱり分からない。

専門家に調査してもらおう!

 

(*)東大寺正倉院や大仏が作られた奈良時代、西暦700年代、1300年くらい前!