Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

高麗青磁

f:id:phi_math:20191130014320j:plain

「高麗青磁にも・・・」
https://www.phi-math.com/entry/2019/11/27/170000

 

では、

 

釉薬の厚いところの透明感と、窯の中で台と器がくっつかないように置いた硅石が、特徴です。

 

と書きました。

12世紀に朝鮮半島で作られた、高麗青磁の刻花文平鉢です。
かわいらしい花が彫られています。

彫りの深いところほど多くの釉薬が溜り、青く見えます。

薄い部分は白っぽい。

いまから800〜900年ほど前、そこまで計算して作っていたのです。

 

高麗青磁の最上作は、翡翠(ひすい)のような青「翡色」と呼ばれます。

本作はそこまでの色ではないですが、発色も良いし、彫りもシャープで美しいです。

12世紀の後半になると、白や黒の土を埋め込んで模様を作り出す象嵌(ぞうがん)が流行るのですが、本作はそれよりも前の時代の作だろうと考えられます。