Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

古代エジプトのファイアンス

f:id:phi_math:20191201232703j:plain

紀元前4500年頃から古代エジプトで作られてきたファイアンス。

目が覚めるような青。

トルコ石ラピスラズリの代わりに用いられていたそうで、ナイル川の青を表しているのではないかとも思えます。

 

石英(透明なものは水晶と呼ばれます)とアルカリ、炭酸カルシウムが胎土の主成分で、表面もガラス質の釉薬で仕上げられています。

青は、酸化銅

ガラス作りの技術が普及するにつれて廃れていったようです。

1世紀くらいのこと。

 

発色の良いものと悪いものの差は歴然としていて、写真のスカラベは、けっこう良い方だと思います。