Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

漢の緑釉

f:id:phi_math:20191206000402j:plain

何とも言えない独特の存在感。

鉛釉に銅を加えて酸化させて発色させたものだとか。

茶色は酸化鉄?

 

ガラス質の釉薬に鉛を混ぜるとは、まさにクリスタルガラスのよう。

バカラや江戸ガラス。

手持ちが重く、虹色の虹彩が現れる素敵なガラス。

 

それを陶器に塗って火に入れるなんて、よく思いついたものです。

そのコーティングにより、副葬品として埋葬された陶器が、いまでもその美しさを保っています。

銀化による作成当時には無かった景色も加わって。

 

出土品には、伝世にない魅力があります。

というか、私の持ち物は出土品ばかりだ・・・