Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

2000年前の漆

f:id:phi_math:20191212224425j:plain

2000年前の中国、漢の時代に作られた漆器.

耳坏.

耳のついた杯.そのまんま.

 

漆,漆器は「Japan」と呼ばれているらしい,などと聞いたことがありますが,2000年前の弥生時代の日本に漆器は無いはず.

縄文時代から漆は使われていましたが,土器に塗ったり,藤で編んだ籠にコーティングしたりはしていたみたいです.

木製品に塗る漆器はなかったのではないかと思います.

中国は4000年以上も前から青銅器を作っていたわけで,技術の高さは,それはそれはスゴイです.

漢の時代には,青銅器に金をコーティングする技術(鍍金・ときん,メッキ)も開発されていましたし,粒金といったものすごい金属加工技術が用いられていました.

ちなみに,その前の戦国時代頃は,金属の小片を嵌め込むことによる装飾(象嵌・ぞうがん)が行われていました.

耳坏の表の模様は,象嵌の模様のような印象.

 

漆黒であったはずの表面は、緑と茶が入り交じった色合いに変化し,斑(まだら)状になっています.

でも,表面は,昨日作られたかのように滑らかで堅固.

 

余談ですが,ヨーロッパなどに漆器をもって行くと,乾燥のために,すぐボロボロになるのだとか.

漆文化は,日本,中国,朝鮮半島,東南アジアに見られるみたいです.

特に,タイの漆器は蒟醤(きんま)と呼ばれます.