Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

博山炉@奈良博

f:id:phi_math:20191214211702j:plain

 

毎年,正倉院展の会場となる奈良国立博物館.

その中に「なら仏像館」があり,その奥の方に「青銅器館」があります.

人や鳥が支える青銅製の博山炉.

何ともユーモラス(笑)

これが今から2000年くらい前のもの.

 

※青銅器館では,古美術商の坂本五郎さん(「不言堂」の初代社長)が寄贈した中国古代の青銅器(380余点!)が展示されています。

今年の10月8日から,青銅器館だけ撮影可能になったそうです!

 

青銅器館のメインは,下の写真「鳳凰文卣(ほうおうもんゆう)」

鳳凰の模様がある卣.

卣とは,取っ手のある容器で,酒を入れていたそう.

いまから3000年以上前の殷(いん・商とも言う)〜西周の時代のものです.

ちなみに殷は「酒池肉林」という言葉の語源となる王様の居た時代.

お酒は神への捧げものとしても重要なものだったようです.

 

いま買うなら,ン十億円くらいだと思います(笑)

f:id:phi_math:20191214211734j:plain

卣の背後に小さく写るのは,“This is 青銅器”とも言える「爵(しゃく)」.

これは酒を温める器.

奈良博には,底が平らなタイプの爵もあります!

古い型で,3500年以上前(二里岡期)のもの!

とっても珍しいです.