Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

古い鉄の味わい

f:id:phi_math:20191221003253j:plain

日本刀に使われる鉄は,炭素等の不純物が少なく,とても質が良い鋼.

刃の方は炭素量がやや多くてとても硬い組成.

それを受ける棟(背)の方は炭素量が少なく,柔らかい.これで衝撃を吸収します.

 

そんな良質の鉄には,黒錆がキレイにつくようです.

鉄の錆(酸化鉄)には,2種類があります.

1つは,水分が少ない状態で酸化したときにできる黒錆.

もう1つは,ボロボロと崩れていってしまう赤錆.

 

赤錆の発生した鉄製品は見るに耐えないほどです.

しかし,黒錆は違います.

表面の皮膜となって,鉄を強くします.

金はとても安定した金属で,どんな酸にも溶けないですが,王水(濃塩酸と濃硝酸が3:1のスゴイ酸,橙赤色)には溶けてしまいます.

しかし,鉄は,王水にも溶けないそうです.

王水に触れると,一瞬で表面に黒錆コーティングができ,内部に王水が浸食して来ないのです.

 

長くなりましたが,その黒錆の渋い味わいは,日本刀の茎(なかご・柄(つか・手で握る部分)の中に収まる部分)に見られます.

古い刀は,より良質の鋼を用いているとされ,経てきた時の長さにも比例して,茎の味わいも段違い.

薬品で黒光りさせているものもありますが,そんな嫌らしいものではなく,しっとりと潤いのある鉄味です.

 

そこに空けられた目釘(柄と茎を固定するための竹製の短い棒)を通すための穴が景色を作っています.

古い穴は,これが真円でなく少し歪んでいます.

穴を空ける専用の道具(ロクロ)がない時代は,タガネでコツコツと手作業で空けていたため.

その形を楽しむというマニアックさ.

これが,日本刀愛好家の世界です(笑)