Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

痕跡②

f:id:phi_math:20191221094243j:plain

古美術の楽しみの1つ,それは,過去の痕跡が見つかること.

 

作られた当時の姿と,現在の姿は,大きく違っています.

800年ほど前の不動明王のお顔にある赤色塗料(朱?)の痕跡も発見しました.

 

こちらは,真っ黒(実際には濃い茶)になった出土銅製品から発見した,鍍金(メッキ)の痕跡.

1400年くらい前の,中国のものです.

技術が上がってきて,薄く鍍金できるようになった時代だろうと思います.

そのために,金が少し残っているすぐ側が,まるっきり銅になります.

(鍍金が厚いと,残り方も違ってきます)

 

中国でも日本でも,金へのあこがれは強かったようです.