Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

AIとの正しい付き合い方

以前に書いた

 今回のAIは“たまたま”精度が高い(笑)
 https://www.phi-math.com/entry/2019/12/17/005942
 

のAIは,いまだに高精度を誇っています!

 

詳しくは書けないですが,あるケースに該当する可能性がある人を抽出し,実際にその出来事が起こるかをチェックしています.

該当する率がかなり低いので,ある程度の人数を抽出するわけですが,その中にかなりの高確率で該当者が含まれています.

当てることが目的ではなく,該当する人への事前のアプローチで,それが起こらないようにしたいわけです.

 

的中率が低いと実用に耐えないという考え方もできますが,それは,AIが人にとって代わることを意味します.

人の弱いところをAIがフォローしてくれるのが理想なのですけど・・・

シンギュラリティーを信じてAIを妄信してしまう信者は怖いけれど,不完全を理由に導入を拒む人間もかなり怖い.

 

AIとの正しい付き合い方を理解してもらうのは,なかなか難しいですね.