Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

さいころを6万回振ったら,1の目が10071回出ました

 

本当に6万回振ったわけではないですよ(笑)

エクセルので1~6の乱数発生させました.6万回.

 

確率的に考えると,理論値(期待値・平均値)は1万回.

でも,実際の数値(標本での結果)は,ちょうど1万回とはなかなかなりません.

ですが,6万回の場合,1の目が10200回以上出る確率は,なんと,1%くらいなんです!

他の目も,誤差±100程度で収まってます.

 

1%をどうやって計算するかは・・・

理論はちょっとメンドクサイです.

二項分布を正規分布で近似して,正規分布表を利用したらわかるんですけどね・・・

言うは易し.

 

f:id:phi_math:20200105103748j:plain

A列には乱数

 =RANDBETWEEN(1,6)

C列は個数のカウント

 =COUNTIF(A:A,C2)

 

※A列は,ドラッグして1000個にこれを入れて,そのゾーンをコピー.

 10回ペーストして,10000個.

 そのゾーンをコピーして,6回ペーストして,60000個.

 数分あればできます.