Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

古い鉄の味わい 日本刀の茎

f:id:phi_math:20200117095746j:plain

短刀の茎(柄の中に収まっている部分)です.

700年ほどの時を経過して,このような黒錆が覆ってくれるのですね.

100年とか200年とか,それくらいでは,まだまだピカピカに光っているものもあります.

 

拵(こしらえ・外装のこと)を作り替えるときには,目釘穴(竹製の1センチほどの細い棒が刺さる穴,柄にある穴の位置と揃えてあり,これで刀を柄に固定する)を作り直すことがあります.

4回ほど穴を穿ったようです.そのうち1つは,(おそらく)鉛で埋めてあります.

 

 古い時代はタガネでコツコツ

 新しくなると,ロクロを使って正確な円の穴をあけるように

 

境目は室町時代くらいだそう.

古い時代の穴には,“雅味がある”なんて言いますね.

 

対称性も,過ぎたるは面白みの無さにつながる,ということです.

 

www.phi-math.com