Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

私立難関中学入試の算数って,どんなもの?

世の中の天才小学生たちは,どんな問題を解いているんでしょう?

 

高校生が大学入試センター試験を受験するのと同じ日に,小学生が私立中学の入試を受験しています.

 

日本一と言って良いほど難しい算数を出題するのが,灘中学(@神戸).

200人ほどの少数精鋭で,東大や京大医学部へ,どんどん進学して行きます.

大人数の学校に合格数では負けますが,実質的に日本一と言っても良いと思います.

社会を出題しない,という伝統を守り続け,算数・国語での論理的な思考力を重視しています.

それが,6年後の大学受験につながっているのですね.

 

試験は2日間にわたって実施され,両日,算数があります.

1日目は答えだけを書く形式,2日目は連続性のある問題で説明問題もあります.

2日目はかなりややこしいので,1日目の問題をいくつか紹介していこうと思います.

 

まずは,1日目の「1」.

年にちなんだ計算問題が出されることが多いです.

 

f:id:phi_math:20200122101420j:plain

よく出来た問題ですね.

算数ですが,ちゃんと数学的文法で構成されています!

中学数学を使って方程式を利用したら,一般的な解法で解けます.

が,途中で1が得られた感動は得られません.

こういう特殊性に敏感になることは,けっこう大事なことです.

 

また他の問題も紹介して行きます.