Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

縄文勾玉 on 平安時代の蓮弁残欠

お気に入りの縄文勾玉に旅をさせて,色んなものの上で写真を撮っています(笑)

 

今回は,胡粉の少し残る,平安時代後期の蓮弁の上.

 

胡粉(ごふん)は,貝殻から作る白色の顔料です.

 

では,蓮弁とは??

仏像が乗っている蓮(はす)の花をかたどった座(蓮華座)にくっついている,蓮の花弁を模したものです.

  奈良時代→平安前期→平安後期→鎌倉時代→室町時代

と時代ごとに特徴のある蓮弁が作られています.

とっても薄くて,経てきた年月を表す枯れた風合い,尖りが小さいところ.

平安後期の特徴をよ〜く表しています.

 

割れた蓮弁2枚をつないでいます.

墨か何かで書かれたようなものも見えますね.

魅力的な蓮弁です.

 

f:id:phi_math:20200126232748j:plain

 

f:id:phi_math:20200126233717j:plain

www.phi-math.com

www.phi-math.com