Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

日本刀は,30000層構造になっている?

新聞を何回折ったら月に届く?

 

というネタがあります.

30回とか,42回とか,50回とか,ネットには色んな回数が書かれています.

 

現実的に不可能なので,まったく興味わかないですけど(笑)

 

1回折ると,厚みが2倍(面積は1/2倍)

2回折ると,厚みが4倍(面積は1/4倍)

3回折ると,厚みが8倍(面積は1/8倍)

 

と,等比数列になります.

厚みが

 1,2,4,8,16,32,64,・・・・

と増していく一方,面積が

 1,1/2,1/4,1/8,1/16,1/32,1/64

と減っていきます.

 

面積が小さすぎて,もはや折ることなんてできない!

 

この「折り返し」を繰り返す作業は,日本刀を作るときにも行われるって,ご存じでしょうか?

 

日本刀での折り返し

鉄を均質にしたり,不純物を叩き出したりするために,「折り返し鍛錬」という作業をするのです.

 

日本刀では,15回くらい実施するようです.

層の数は

 1,2,4,8,・・・・

と増えていって,15回も行ったら,

  2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2 層

になります.

だいたい,3万3千くらいです!

スゴイ!!

 

折り返し鍛錬とは?

鉄の塊

 ooo●●

 oo●●●

を,叩き潰して,厚さ半分,大きさ2倍にします.

 ooooo●●●●●

これを半分に折りたたみます.

 ooooo

 ●●●●●

元と大きさ,厚みは同じですが,よく混ざった状態になります.

 

これを繰り返すと,鉄の質が変わってきて,日本刀作りに適したものになるのです.

こういうのを,経験を通じて発見した昔の人たち,すごいですよね.

 

いまある日本刀が完成したのは平安時代の終わり,約1000年前.

折り返し鍛錬は,古墳時代(1500年くらい前)には行われていたようです.

 

その結果が,刀の表面に模様として残り,好きな人は,その模様を楽しみます.

日本刀の表面は,ツルツルじゃないんですよ!!

 

f:id:phi_math:20191223092352j:plain

 

 常に同一方向に折り返す流派,

 タテヨコ交互に折り返す流派,

 タテヨコの回数2:1で折り返す流派・・・

など,いろいろあります.

だから,作り手ごとの特徴が現れ,

 

 「いつの,誰が作った刀か?」

 

を当てるとき,重要なヒントになります.

 

私も「日本刀当てっこ大会(正式名称:入札鑑定)」をやるので,鍛錬の跡は,じっくり確認します.

 

最近は,「刀剣乱舞」というゲームの影響で,若い女の子が日本刀に興味をもってくれています.

そのおかげで,分かりやすい日本刀の入門書がたくさん出ています.

 

日本人のリテラシーとして,ぜひ,勉強してみてください(笑)

 

図鑑っぽい,目で見て学ぶ本 

 

用語集としても使える,ちゃんと勉強したい人向けの本

 

流派の違いに特化した,マニア向けの本