Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

真偽が判断できないものを「偽」と決めつけてしまうのは,論理的ではない!

 論理的・科学的に真偽を判断できるものしか信じない

 

そういう風に考えて生きてきましたが,最近,少し考え方が変わってきました.

それが

 

 真偽が判断できないものを「偽」と決めつけてしまうのは,論理的ではない!

 

です.

何を当たり前のことを・・・と思われるかもしれませんが,私にとっては大きな変化なのです(笑)

 

 存在証明できないものは,

 存在していると言えないから,

 存在しないものとして扱う

 (そんなものを認めてなるものか!)

 

というスタンスでしたが,

 

 存在証明できない

 非存在も証明できない

 判断は不可能

 (楽しけりゃ,どっちでも良いんじゃない!?)

 

という感じですかね.

 

リーマン予想と同じです.

真偽は(いまのところ)不明ですが,だからこそ,考える意味がある!

 

おっしゃっていることが全然理解できないブロガーさんがいて,いつも楽しみに拝読しています.

真偽は,私には判断できません(書かれている方は確信をもっておられます).

とは言え,納得できることもたくさんあります.

 「幸せ」と「満足」を混同している

というのは,とても腑に落ちました.

 

そんなブロガーさんの記事に,出版のことが書かれていました.

ご自身が書かれたものであるのかも分からないくらい,さりげなく.

 

inotiyorokondeiru.hatenablog.com

 

とりあえず,注文してみました.

まだ届いていないのですが,とても楽しみにしています.

 

ブログではどうしても断片的内容で,深く理解できていません.

それが系統立って書いてあったら・・・

 

 私はどう感じるのか?

 

と,とても興味があります.

 

 

紹介記事として不成立ですが,お許しください・・・

また読み終わったら,何か書いてみようと思います.