Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

時空を超えて,人は同じ過ちを繰り返す

いつもは残欠ばかり載せていますが,たまには,本気で美しいものを載せようと思います. 

 

写真で分かるでしょうか?

首の部分に補修の跡があることに.

 

一度,体と頭部が離れてしまったものが,奇跡的に再会し,つながったそうです.

前所有者(古美術商)がたまたま見つけたそうです.

私も,同じような経験があります.

モノがつながりをもとめて,縁を作り出してくれる,不思議な感覚です.

 

さて,この仏像.

いまから1500年ほど前,中国の「北斉」辺りで作られたもので,白玉(白大理石)製です.

 

「北斉」は,「魏」と「隋」の間の時期にあった国です.

 親“”倭王,“”志倭人伝=邪馬台国

 遣“”使=小野妹子(聖徳太子の時代)

など,魏と隋は有名ですが,北斉はマイナーかも知れません.

石仏に興味がある人にとってはメジャーなんですけどね.

 

f:id:phi_math:20200323232443j:plain

 

こんな美しい仏像が,なぜ壊されたのか?

 

その答えは

 廃仏毀釈

です. 

 

日本でもありましたね.

江戸時代が終わり,明治時代が始まるとき,仏教と神道が分離され,皇族のルーツである神道が重視されたわけです.

そのため,仏教が弾圧された.

法隆寺や興福寺と言った古刹も,ボロボロになったのです.

河原で古い仏像が山積みにされて,燃やされていたそうです.

おそろしい・・・

 

法隆寺は,いち早く明治天皇に献上し,宝物の維持をしてくれました.

東京国立博物館で見ることができるものです.

ですが,いくつもの宝物が市中に散逸し,古美術の世界でいまでも高値で取引されます.

資金集めに売られたことで有名な,法隆寺百万塔(寄付のお礼に渡す,という態であったようですが)もとても美しいものです.

 

興福寺からも千体仏という仏像群から,いくつかが市中に流出しています.

これも,百万塔と並び,古美術愛好家の垂涎の的です.

高いですけどね.

 

このように,廃仏毀釈というと,日本で行われたイメージかもしれませんが,中国でも実行されました.

唐や宋の時代には,廃仏論が起こり,仏像は破壊されたようです.

そんな中,この仏像も,体と頭が離れ離れになっていたのです・・・

 

不勉強ですが,朝鮮半島でも廃仏毀釈があったのではないかと思います.

新羅時代の仏像は,だいたい,火中していますし.

お寺が焼き打ちされた??

また勉強しますが,詳しい方,教えてください!

 

東アジア諸国で,時代を超えて繰り返されたきた廃仏毀釈.

そこで破壊された仏像を1つでも分けてもらいたいな,と思いつつ,もうこんな過ちは繰り返さないで欲しいと願います.

 

ですが,いまも,ガンダーラの仏像が破壊されたりすることがあるようで,心が痛みます.

宗教とか偶像崇拝とか,そんなことは関係なく,歴史の生き証人で,しかも美しい仏像たちを,なんとか守っていきたいものです.

 

日本の廃仏毀釈も壮絶でした.

色んな本もありますので,よければぜひ.

 

https://amzn.to/33DsPbU

 

中国の古い石仏は,東京南青山の「根津美術館」のコレクションが有名です.

お近くに行かれたら,ぜひ,足をのばしてみてください.