Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

最近,好みのタイプの美人が,世の中にあふれている気がする

「最近,好みのタイプの美人が,世の中にあふれている気がする」

 

と思いませんか?

たぶん,僕だけではないと思います.


その理由は??

そう,マスクです!

マスクをしている人のお顔は,分かるのは目の辺りだけです.

その他の部分は想像で補うことになります.
そういうとき,脳は,自分の理想に沿う形で補修をしてくれるのですよね.
だから,自分にとっての理想のタイプの美人であふれています.
(幸せな気分になれて,ラッキーですね)

 

アイメイク+マスクの“ものまねメイク”で一世を風靡した「ざわちん」さんも,このマジックを使っていたように思います.

 

そうだ!

マスクの下の顔を推定する人工知能とか,どうでしょう?

夢を壊すし,ニーズが無いですかね(笑)


分からないからこそ,美しい!

それと同じことが,美術品でも言えるのではないかと思います.

例えば,ミロのビーナス.

腕が無いからこその美しさがありますよね.
どんな美しい形をしていたのだろう,と想像を掻き立てられます.

そういう点では,廃仏毀釈で破壊された仏像にも,だからこその美しさがあると言えます.
f:id:phi_math:20200323232443j:plain
完品でないからこそ,美しい.
長い歴史の中でどんな時を刻んできたのか?
その重みを感じながら美に浸れるのが,古美術趣味の最高の楽しみだろうと思います.

こんなときだからこそ,「美しい世界」の実現のために,美しいものを見るのはいかがでしょう?