Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

育毛剤を使っている人ほど,10年後に禿げてしまっている可能性が高い?

そんなデータがあったら,どう思いますか?
いまのコロナ期,数字を鵜呑みにしたり,データに踊らされたり,そういう人がデマを拡散させてしまうのかも知れません.

ある意味,人災です.

そんな災いが少しでも減ってくれることを願って,書いてみます.

育毛剤を使っている人ほど,10年後に禿げている可能性が高い?

と聞くと・・・


「そんなバカな!?」

「禿げやすくなるなら,育毛剤なんて,使わない方が良いんじゃないか?」

と思いませんか?
でも,よく考えてください!

育毛剤を使うのは,どんな人ですか?

禿げてしまうのではないか,という危機感がある人ですよね.
禿げてしまう可能性を感じていない人は,それなりに高価な育毛剤を使うはずがありません!

だから,「育毛剤を使う人の方が禿げる可能性が高い」というのは,当たり前ですよね!

単純化すると,

 禿げる可能性の高い人 ≒ 育毛剤を使う人
 禿げる可能性の低い人 ≒ 育毛剤を使わない人

という構造ですから.

この例は極端だから,「そりゃそうか」と思ってもらえたかも知れません.
ですが,一般に,データを見るとき,思い込みが働くことがあります.

数字だけ見ても分かりにくいからということで,適当に解釈が加えられることがあって,そのために目が曇ってしまったり.

データの出典,母集団,・・・などをチェックして,「必ずこういう関係が成り立つ」というものだけを信じたいものです.

「相関関係」と「因果関係」の違い

も意識しておきたいものです.

 xとyという数値について,データ上,xが増えたらyが増える,という関係がある

というのが相関関係.
相関係数という指標を利用します.

因果関係は,「原因」と「結果」の関係です.

 xの値が大きい.だから,yの値が大きい,その理由は・・・

という関係のとき.

相関関係は,

 xが増えたら,yが増える

という意味ですが,
 yが増えたら,xが増える
と言ってもまったく同じ意味です.

ですが,因果関係は,「原因→結果」なので,逆にはなりません!

 育毛剤を使う,だから,禿げる

 禿げる,だから,育毛剤を使う

とは,別ですね.


また,因果関係があるのなら,相関関係はあります.
でも,データ上の相関関係があっても,因果関係があるとは限りません.

 x:育毛剤を使っているか?
 y:禿げているか?

相関関係があるとしましょう(たぶん,あると思います!)


因果関係はありますか?

 育毛剤を使う,だから,禿げる.

違いますね・・・
こういうの,数字を使って説明されると,なんだか正しい気になってきます.
気を付けたいですね.

データを見るときの注意力(データ・リテラシー)は重要です.

楽しそうな本もたくさんあるので,「正しく疑う力」を高めてみてはいかがでしょう?
こういう力のことを,「批判的思考力」と言います.
かっこよくいうと,クリティカルシンキングです(笑)

これからの時代,必須のスキルと言えると思います.

 

コロナ時代を生き抜くためにも

 

2021年から始まる大学入学共通テストを乗り切るためにも