Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

楽しいAI体験から始める機械学習 ~算数・数学をやらせてみたら~ Kindle版

人工知能って一部の選ばれた人だけが開発できて,一部の人だけがその恩恵を受ける.

我々一般人は,よく分からないまま「人工知能ってすごいなぁ」と思いながら利用し,実は,利用されてしまうということに・・・

人工知能リテラシーの高い人が増えると,「そっち側」の人は困ってしまうわけですね.

 

実は,そんなに恐れる必要のない,人工知能.

そのことをお伝えするためにプログラマーの友人と共著で書いたのが

 「楽しいAI体験から始める機械学習

  ~算数・数学をやらせてみたら~」

です.

 

当初は4月発売の予定でしたが,今回のコロナの影響で大型書店が軒並み休業,

こんな状況では出せないということで,発売が延期になっています・・・

 

ですが,出版社さんのご尽力のおかげで,「Kindle版」が先行販売になりました!

5/11に配信開始です!!

 

しかも,カラーになるとか.

人工知能の構造を表す図は,紙の本だと白黒でパッとは分かりにくいのが,Kindle版」ならバッチリ!

 

次の2冊も参考文献としてオススメ.

 

①「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」

は「ロボットが東大に合格できるか?」というプロジェクトを進めていた新井紀子さんの本.

AIは,推定はできても,意味を理解しない.

それと同じような人間が多いことを「教科書が読めない」という切り口で論じ,「AI時代にAIと同じ土俵で戦ってどうすんの?」と教えてくれます.

 

②「文系AI人材になる―統計・プログラム知識は不要」

は,「何か1つのものがあるように誤解されがち」なAIを系統ごとに分類し,それぞれ,仕事でどう生かすのかを説明してくれています.

我々の本で扱っている人工知能は,「予測系」です.

直観に頼らず,データから予測する人工知能を,どういう発想で作るのか,が我々の本.

その予習に,この本はちょうど良いように思います.