Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

【大予言】大学入学共通テスト,追試受験を選択できると,何が起こるか?

大学入学共通テストで,最初から「追試験」を選べるようになるそうです!!

この驚き,伝わるでしょうか??

そして,何が起こると考えられるか?

最期に,予言を書いておきます.

 

予備知識

大学入試センター試験には「本試験」のほかに,「追試験」と「再試験」があったのをご存じですか?

 

大多数が受けるのが「本試験」

 

病気や事故などの,個人のやむを得ない理由で受験できなかったときに,後日受けるのが「追試験」

 

何らかの不都合・天候の影響などで,会場全体の受験生が受験できなかった場合に,後日受けるのが「再試験」

 

です.

追試験は全国で2会場(東京・大阪)しか設置されません.

再試験は,不明なことが多く,実施する際に決めるのではないかと思います.

本試験実施の1週間後に行われます.

だいたい,問題はちょっと難しかったり,解きにくかったり,どちらかというと不利になる印象です.

 

共通テストでは?

2021年からの大学入学共通テスト.

実施するのは,大学入試センターです.

テストの中身が大きく変わるのですが・・・

 記述式がなくなって,

 英語民間試験がなくなって,

結局は大して変わらないと勘違いしている人が,いまだに居るかも知れません.

そういう認識では,痛い目を見ますよ!!!

 

さて,その共通テスト初年度に,よりによってコロナ禍.

公立高校では,社会が最後まで終わらない,なんてことはザラですが,今年度は・・・

学習進度が2か月分遅れているのだから,おっそろしいことになりそうです.

 

それを緩和するために,

 学習進度を理由に「追試験」受験できる

とするそうです.

しかも,受験申込する段階で,

 「本試験」「追試験」で受験日を選べる

ようにするそうです!

さらに,追試は

 47都道府県に会場設置

 本試験の2週間後に実施

という大盤振る舞い!

まだまだ,これだけじゃありません.

 追加の予備日も設定(本試4週後)

受験生のことを考えてくれているのですね!!

でも,本当にそう??

 

実際,何が起こるか,予言してみる

センター試験の翌日は,自己採点.

その結果を大手予備校に提出して,合否判定を待ちます.

予備校はできるだけ多くのデータを集め,その得点での合格可能性をA判定・B判定などと判定して,受験生に返却します.

大急ぎで処理して,国公立2次試験の出願までに十分検討できる時間を作れるようにするわけです.

これを「リサーチ」と呼ぶことにします.

 

では,2021年に何が起こる?

 

追試験は,少し難しいかも知れない.

 ↓

しかし,出題形式が結局のところ,どうなるかは不確定.

 ↓

本試験の出題形式を確認して,2週間で対策を練る方が得策!

 ↓

追試験に受験者が殺到する!!

 ↓

本試験後に結果をリサーチに出す人が減少

 ↓

追試験後にもリサーチ提出の期間を設ける

 ↓

本試験直後のリサーチ結果は,意味がない・・・

(出題形式・レベルが分からないため,現在も実際,A大学受験のためにどれくらいの得点をとればよいのか,ということが全く読めない状況です!)

 ↓

こうなることを予想した大人がアドバイスし,かなりの割合で追試へ

 ↓

出願の概況がギリギリまで分からず,大混乱!

 

これくらいは,必ず起きると思います.

万が一,コロナの第n波が重なって,追加予備日(2月半ば実施)に多くの受験生が流れたら・・・

想像を絶する悲劇が待っています.

 

さらに・・・

共通テストの問題は,作成するのが,本当に大変です.

これまでのセンター試験の数倍はかかります.

実際に模試などの問題を作っていますが,すごいですよ!

 

追加の予備日がある場合,また別の問題セットが必要になるはずで・・・

2022年実施分の作成はすでに始まっているでしょうから,それを前倒しして使ってしまうのか?

それとも,いまから新作するのか?

問題の精度・質が保たれるか,かなり不安もあります.

これまでの試行調査では,受験生の学力を読み誤ってか,かなり低い平均点になっています.

本試験,追試験,追加予備日,すべてが同レベルに作れる可能性は限りなく0に近いです.

 

社会や理科で,科目間の差が大きすぎると,得点調整されることがありますが,3日程の差が大きすぎる場合にどうするのか?

ここは,まだ分かりません.

 

私個人の予想で,あてにはしないでくださいね.

学習進度に問題がない場合は,たぶん,

 本試験を受けるのが一番良い

と思います.

あくまで私の考えなので,出願時は,自己責任でお願いします.