Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

大学入試の終焉―高大接続テストによる再生

教育学を専門とする友人から紹介された本.

 

 

日本の大学入試制度,高校・大学の問題点など,とても面白い視点で整理されています.

2012年の本なので少し古いのかな,と思うかも知れません.

でも,新型インフルが流行った少し後の時期のものなので,ある意味でいまに近いのかも知れません.

結局,何にも変わっていないのですね.

 

高校進学率が100%に近づき,高校が国民全員の学ぶ場となった.

悪い言い方をすると,大衆化した.

大学も,ベビーブーム世代のころに枠が拡大され,その枠を引き継ぐことで門戸は広がっている.

定員割れする大学も多いため,経営の最終手段として学力不問の推薦・AO入試が利用される.

学びの機会を全国民に提供するという立場からは間違っていない.

かつての高校の役割が大学に,さらに大学院に.

本当に「学び」を得ている人の割合は,どれくらいなのでしょう?

 

 とりあえず高校には行く

 何となく大学に進学する

 じゃないと,就職とか不利でしょ?

 

みたいな感じになっている.

 

 

制度上も,おかしなところがたくさんあるみたいです.

高校卒業はちゃんと定義されておらず,学校長のハンコがもらえるかどうかだけで決まってしまう.

卒業資格テストのある国も多いようです.

センター試験(共通テストも)は,入試に必要な科目を選択できるという時点で,高校内容の習得度を測るテストではなく,大学入学の選抜に使われるもの.

また,各大学が独自の入試問題を作成して,「落とすための試験」をやっているのは日本くらいだとのこと.

1点刻み(あるいは,小数)の序列をつけることによって落とす受験生を決定するルールに,「公平性」を求めるのが日本人なのです.

「既存の選抜制度に勝ち抜くための教育をするのが高等学校」という異常な構造に誰も疑問を抱かない.

大学に受かるために高校に行くなんて,おかしな話なのですけど・・・

高校だけで完結しないなんて,変だと思いませんか?

 

 受験戦争を助長する「予備校講師」という仕事をしているくせに,

 どの口が言ってんの?

 

と我ながら思います.

 

上記のような歪んだ構造に挑むのが,高大接続・大学入試改革だったはず.

でも,色んなところのシガラミが深く絡み合い,身動き取れないのでしょうね.

変な論点で騒ぐマスコミに,現状維持が心地よい人たちが同調して,クレーマーになる.

 

色んなことが全部集約された結果が,いまの高3から始まる「大学入学共通テスト」なのです.

いまとなっては違和感しかない設計ですが,当初の理念は素晴らしかったのですよ!!

大学入試が高校学習内容を縛る現状を変えるための「高校生のための学びの基礎診断」なんて,まったく耳にしないですし・・・

 

要約にはぜんぜんなっていないし,論点の分かりにくい雑記になってしまいました・・・スミマセン.

詳しくは本を読んでみてください.