Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術、「数学語」・「数学的文法」で日本の数学教育を変えたい!

横浜国立大学の「2次試験を実施しない」という決断について

 「横浜国立大学は二次試験を実施しないらしい」

 

そんな情報が話題になっている.

横浜国立大学と言えば,関東では

 東大

 東京工業大,一橋大

に続く最難関大学.

 

その横浜国立大が,大学独自で作成した問題で合格者を選別する個別入試を行わず,センター試験の後継「大学入学共通テスト」の点数で合否を決めるのだ.

共通テストの得点を,個別学力試験(二次試験)の得点として換算する.

 

 最難関大学の合否判定に共通テストが使えるはずがない

 

という“常識”が大学入試改革を骨抜きにしてきた過去を踏まえると,今回の決断の意味はとても大きい.

海外の大学は大学ごとの個別入試を実施している国などなく,日本お得意のガラパゴス化現象なのだ.

しかし,ガラパゴス化した入試制度でないと,(私も籍を置いている)大学受験教育サービス業界が立ち行かなくなる.

今回の横浜国立大の大英断が,大学受験業界の再編につながる可能性もあるのだ.

 

本来の大学入試改革は,

 

1)共通テストで既存二次試験の一部を代替

2)各大学は,教科学力だけではなく総合的な評価で合格者を選別する,

 いわゆる丁寧な入試を実施

3)学力不問のAO入試(新名称:総合型選抜),および,

 指定校推薦(新名称:学校推薦型選抜)を改善

 

という3つの柱があったはず.

それが,1)での

 「記述式の実施と採点の業者委託」

 「英語4技能の外部検定利用」

のみが取りざたされ,これらを中止させて,もはや話題に上らなくなった.

外部検定利用を前提に考えられている共通テストの英語の問題は・・・

興味がおありなら,大学入試センターのサイトから「試行調査」の問題をご覧いただきたい.

 

英語は置いておいて・・・

 

1)を目指し,共通テストの問題は,センター試験と比べると難化している.

平均6割を目指していたセンター試験とは設計が違う.

解法の丸暗記だけでは解けないような数学の問題も多く,大きく差がつく問題になる.

特に,数学は学力の差が大きく現れる科目である.

とことん嫌いな人が圧倒的に多い一方,その世界でしか生きていけないほどどっぷりつかってしまう(私のような)人も多くいる.

センター試験の数学では,多くいる満点以上の人の評価ができなかったのだ.

だから,難問を出題する2次試験が必要なのだ.

 

共通テストは,中堅大学の標準的な問題を,各大学がわざわざ作って試験をする必要をなくしてくれる.

各大学で行う個別入試と違い,50万人ほどの受験者がおり,学力の判定には申し分ない.

各大学が無理して二次試験の問題を作る必要なんて,無いのである.

そういうのを求めているのは,入試問題マニアも多い大学入試教育業界だけである.

 

確かフランスでは,難関大学が共同で問題を作り,入試を行っているとか.

日本もそういう制度ができても良いのかも知れない.

アドミッションポリシー(こういう生徒に来て欲しいと,大学が宣言しているもの)ではなく,出題傾向や受験科目,もっと極端に言うと「偏差値」で大学を選ぶ,いまの日本の大学入試の歪みが解消できるかも知れない.

(異常な制度を後押ししているのが,私も属する受験サービス業界である!)

 

横浜国立大学の作った流れが,日本の大学入試を変えてくれる可能性を私は信じたい.

 

しかし・・・

 

大学の発表内容には「コロナの特別措置」と書かれているから,一過性のものになるかも知れない.

また,二次試験の得点の代わりに共通テストの点数を使うだけで,これまで以上に「丁寧な選抜」を行うというわけではない.

あくまでコロナ対応,入試改革を目指すものではないだろうから,まだまだ満足いく形ではないが,何かのキッカケにはなってくれるものと思いたい.

 

ちなみに,横浜国立大学以外も,出題範囲の変更や追試の実施など,対応が発表されている.

追試を実施するということは,問題をたくさん作るということ.

ミスも起きるし,公平性の問題も浮上するはず.

(共通テストの2回実施での問題の公平性も気になるところですね)

受験人数が少ないテストを実施すると, 公平性の問題はどんどん大きくなる. 

過去記事にも書いた通り,倍率が3倍未満の大学入試では,大人数が含まれる偏差値54程度(各大学の受験者を母集団とした偏差値)が合否ラインになるので,1点の中にすごく多くの人が入ってしまう.

その中から「落とす人」を探すための理由を作るわけだ.

日本の大学入試は,大学に合う合格者を選抜する精度ではなく,教科学力と言う限定的で単純な物差しで,落とす人を探すものなのだ.

 

歪んだ日本の大学入試を改革できるチャンスは,コロナを利用するしかない!

 

※熱くなり長々と書いてしまいました.

 最後までお付き合いいただき,ありがとうございました.

 教育は世の中を作るものなので,多くの人に知ってもらいたい問題なのです.

 

www.phi-math.com

過去記事で挙げた参考書籍: