Mr.∅の数学と古美術

数学講師が語る数学と古美術

古美術の新しい流れ ~世界的名店・繭山龍泉堂がオンラインショップ・インスタ~

100年以上の歴史をもつ古美術の名店・繭山龍泉堂さん。

たまたま検索していたら、オンラインショップを始められていた!

www.mayuyama.jp


美しいお品を拝見して満足していたら…
インスタに、見覚えのある写真が登場しました.

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by MAYUYAMA ONLINE GALLERY (@mayuyama_onlinegallery)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/mayuyama_onlinegallery/


こんな美しい青白磁(影青・いんちん)はなかなかありませんから、すぐに思い出してしまいました!
お値段もすごいです!!

こういった世界的銘品がパッと見られる時代って、正負の両面がありますが、うまく乗っていきたいなと思います。

  良い品って、何なのか?

そんなこと、分かるわけないですよね。
でも、「なんか、よいなぁ」と感じることはできるかもしれません。

本で得た知識だけでモノを見て買っていると、とんでもない目に合うこともあります。
心が「よいなぁ」と感じるものに触れてから、本でも勉強し、実際に手に取って見たり、そういう過程を楽しみながら、自分の手の届く銘品を手元に置いていけたら最高です。

  よくわかんないなぁ

 

が面白いんです。

 でも、なんか、惹かれる

惹かれたものがどういうものか、もっと良いとされるものとはどんなものか、目を養うというのはそういうことですね。

その点、古美術も数学も、共通するところがあるのかもしれません。
それにしても、私にこの青白磁を見せてくれたインスタの人工知能、なかなかやりますね!
AIにも古美術が理解できるのか!?